職場生活と家事、出産と育児による高強度のストレスにさらされている30、40代の女性の脱毛の患者が増えている。 最近「レディ傾向」編集部に到着した30、40代の読者の脱毛の悩みの中で最も多くのケースを分析し、原因と解決策を探ってみた。 細くなる毛髪、広がる分け目が気になるなら注目してみよう。

30-40女性の脱毛に対処する私たちの姿勢

もしかしたら私も脱毛?
毛髪は、毛根から細く出てくる育ったますます太くなり、後には一毛根から二、三本が私が通常のサイクルである。 脱毛は、このプロセスが逆に進むと見られる。 太いた毛髪が細くなって、普段よりも抜ける速度が速くなったら脱毛を疑ってみなければならない。 抜けた毛髪を引いたとき、簡単に切断された場合、毛髪に力がなくなったという証。 指で頭皮を押して見たときに頭の骨が感じられるほど頭皮が薄くているか、乾燥してかゆいも脱毛の前奏曲である。 一日に50〜80個以上の長い髪が抜け、毛髪に力がなくなったら脱毛が進行中であると見ることができる。

女性の抜け毛の原因
女性の脱毛の原因は多様に表示される。 甲状腺関連疾患、糖尿病、高血圧、貧血、肥満など、各種の成人病が原因となって、ホルモンや生活習慣も密接な影響を与える。 様々な治療薬が開発されている男性の脱毛とは異なり、女性の脱毛は、現在までに改善することができる効果的な治療薬がほとんどない状態。 まず、正確な原因を診断しなければならない。

CASE 1職場生活と家事を並行している結婚3年目のAさん。 昼間は仕事、夜は夜勤と会食が続く忙しい生活にしっかりとした食事を取りまとめるも難しい。 今月末までに仕上げなければならないプロジェクトが本格的に、最近寝て起きたら枕の上に落ちた髪が束である。

CASE 2結婚前三段のような髪を誇った主婦Bさん。 最初の子供の出産後、急激に髪が抜け始めた。 一時的な現象だと思っていた10ヶ月が過ぎるまで脱毛が続いている。 クロムはげになるではないかという考えに落ち込んだ。

CASE 3普段薄く力のない毛髪が悩みだった30代の女性Cさん。 先日、家の中のイベントに親戚が集まって撮った集合写真を見て驚いた。 叔母と小さな叔母、末っ子叔母まですべて頭頂部がフォンハゲ覗くんじゃないか。 将来の自分の姿になるか見て不安な気持ちである。

夜勤と家事で忙しいAさんの仕事のために昼間に太陽の光を見る時間が多くないAさんは、慢性的なビタミンD不足で免疫力に問題があることができる。 これにより、毛髪周辺再生細胞の機能が低下する可能性が高く、細胞を再生させる酸素供給の低下に毛包が萎縮して毛髪が細くなったこと。 頻繁な飲み会と夜勤による睡眠不足は、血中コレステロール値を高め、生体リズムの不均衡をもたらす主な原因である。 このような場合、免疫力の低下と高脂血症のために、毛包周囲の細胞が機能を喪失することになり、毛髪が再び成長が、薄く力のない状態で育っている。 これが1年以上続くと、2、3年後には髪が薄くなる目に見えて減少し、重症の脱毛に発展する可能性が高い。

出産後の脱毛が続くBさん産後脱毛は、女性の脱毛の最も代表的な疾患である。 女性ホルモンの分泌が盛んな妊娠期間中抜けずにいた毛髪が、出産後一度抜け相対的に毛髪がたくさん抜けるようだが、元の下落はずのものが抜けるので、それほど心配する必要はない。 出産後陥った毛髪が正常に育つ場合もあるが、部分的に回復されていない毛髪が細く育ち出産前より薄毛が少なく見える。 これらの産後脱毛は、通常6ヶ月から1年以内に回復が可能である。 ただし、1年以上の毛髪が継続抜けたら脱毛を疑ってみなければならない。 出産後、育児のために頭を適時検出できず、安眠をとらなければ脱毛が進行されることができる。 ストレスやうつ病は、特に脱毛回復の妨げになって脱毛が加速することができる。

家族歴が疑われるC氏の家族歴がある遺伝性女性の脱毛は、分け目の周辺にクリスマスツリーの形で表示される。 このように先天的に行く毛髪の女性は、生まれつきの毛包の大きさが正常よりも非常に小さいため、健常者に比べて、毛包がストレスや様々な脱毛の原因に耐える力が弱い。 結局は、通常の毛髪の女性より細い毛包を持つ女性は、抜け毛の進行が速いため、早急な管理が必要である。

大切な髪、どのように守るか?
特定の部位の毛髪が少なくなる男性の脱毛とは異なり、女性の脱毛は、全体的に毛髪が細くなって間伐が少なくなるタイプがほとんどである。 食習慣や生活習慣を矯正して着実に管理治療を受けることが解決策である。

1頭は朝よりも夕方に巻くのが良い。 頭皮への刺激がない天然成分のシャンプーで頭皮に刺激を与えずきれいに洗われて出すこと。
2知性頭皮への刺激がされている脱毛機能のシャンプーを使用しているか、頭を巻いた後、頭皮を乾燥せず頭を結ぶ習慣、シャンプーするときにお湯を使用したり、手で強くこすり髪を洗う習慣などは、脱毛をあおる。
3涼しい風で髪を乾かし、頻繁染色とファームも避けよう。
4朝食、昼食、夕食規則的な食事と十分な水分摂取が重要である。 食事には必ず、炭水化物と繊維質、タンパク質が含まれなければする、高脂血症を引き起こす肉ではなく、植物性タンパク質を補充するのが良い。
5毎日1時間程度日光を見ることができようにする。 ただし頭皮が紫外線に長時間さらされたり、野外活動が多い時は頭頂を選別する帽子を改装。 日光を見て時間がない場合は栄養剤でビタミンDを補うする。
6家族歴がある女性型脱毛はホルモン検査を受けてみる。 男性ホルモンのレベルが高い場合は、男性の脱毛治療薬を服用してみることもできる(ただし、妊娠を計画している場合には、服用することができない)。
7脱毛期間が1、2年ほどであれば、専門病院の脱毛治療に弱くなった毛包を正常に再生させることができる。 最近1年間の間に急激に進行された脱毛であれば、脱毛専門病院を訪問し、毛髪の成長に必要な栄養成分を浸透させるメソセラピーや鍼刺激療法などの毛包の再生治療を受けて見ることができる。
8肯定的なマインドでストレスを減らす。 ストレスによる免疫力の弱体化は、脱毛の主な原因となる。

30ー40女性の脱毛に対処する私たちの姿勢

一日も早く専門家の診断を受けてみよう
女性の脱毛は、男性の脱毛とは異なり、全体的に毛髪が細くなり、薄毛も少なくなるため、初期には、その進行が目立つない。 ため脱毛がかなり進行するまで放置して治療時期を逃す場合が多い。 普段頭がたくさん抜ける感じがするなら怒らずに専門病院を探して脱毛の診断を受けてみましょう。 初期脱毛なら十分正常に回復する可能性が高いからである。 生活習慣矯正と一緒に6ヶ月から1年ほど着実に治療を受ければ、破損した毛包が回復され、細くなった毛髪が再び正常な厚さで再生可能である。

脱毛防止に役立つ食べ物
日光に干し椎茸は、ビタミンDが豊富である。 毎日食べることを勧める。 亜鉛成分が豊富なリンゴも脱毛防止に役立つされ、午前に食べるのが効果がある。 ビタミンが豊富な果物やビタミンEが豊富なナッツ、タンパク質が豊富なゆで卵と豆腐、繊維が豊富な玄米と雑穀飯、乳酸菌が豊富な清麹醤や納豆、など青魚などは、健康な毛髪を維持するために有利食べ物だ。

自宅で行うことができる脱毛法
頭皮指圧頭皮への刺激がないように指先で頭を頻繁に叩いてみましょう。 指先と頭の端に同時に刺激を与えるため、血液の循環にも役立って、頭頂部など頭皮いくつかの部分を軽く押さえながら左右に回したり、動くことも、頭皮を柔らかくするのに役立ちます。
足浴脱毛は、頭皮の砂漠化現象である。 熱が頭に向かってソルリョソ木がいけないジュクドゥト毛髪が抜ける現象であるため、半身浴や足浴をして上に追い込まれた熱を下方に降りてくれる方法も良い。 毎日髪を巻くとき、冷たい水で頭皮を洗わてくれるのも、頭皮の老廃物の排出に役立つされ、毛包周囲の酸素の供給が円滑になり、健康に毛包を管理するための良い習慣である。

倒立頭皮に新鮮な酸素の供給を増やしてくれて一つになった肩を解放するのに役立ちます。 朝と夕方に10分程度逆立ちを書面毛包周囲に新鮮な酸素の供給が増え、頭皮の筋膜が弛緩されて、健康な毛髪を維持することができる。